--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.25

サスツルギの亡霊(神山 裕右著 講談社文庫)

サスツルギの亡霊 (講談社文庫)サスツルギの亡霊 (講談社文庫)
(2008/09/12)
神山 裕右

商品詳細を見る


前作の「カタコンベ」(過去記事はコチラ)を読んでからずっと気になっていた本

想像通り、とってもアドベンチャーなパニック推理小説でした、ってタイトルで想像つくわね(^^;

サスツルギとは、風によって雪の表面にできる風紋


主人公であるカメラマン矢島拓海のもとに2年前に南極で死んだ義兄・英治から絵葉書が届いた。
そして偶然舞いこんできた越冬隊への密着撮影の仕事。

冷たく広大な“密室”で何が起こるのか?

この人の話ってスケールデカすぎます
前作のケイブダイバーにしても、今作の南極にしても
行った事も体験したこともないそう、大量の資料を読み机上でシュミレーションして生まれるストーリーなんだというから驚きです。


パニック加減からいうと、私は「カタコンベ」の方がパニクッたけど
これはおそらく私の事情・・・ダイバー経験があることと「カタコンベ」は一気に読み切ってしまったからだと思われまする^^

ストーリーとしては全然今作の方がおもしろかったです。
ただ、登場人物が多すぎて頭に入りきらず、書き出したものをしおり代わりに使って、しょっちゅう見てました。
途中、主人公以外皆が疑わしく思えてきて・・・読者の私もピリピリしてました・笑
全キャストを書き出したんだけど、全然必要のないキャラとかもいましたよ


次の作品も期待しているんけど
2004年2005年とこの2作品を出されてから次が書籍化されていないようです。
海、雪と来たから次は空とか・・・また全然違う設定での物語とか
楽しみに待つことにしましょう^^

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ



 
スポンサーサイト

テーマこんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

2011.04.30

カタコンベ(神山 裕右著 講談社)

カタコンベカタコンベ
(2004/08/07)
神山 裕右

商品詳細を見る


第50回江戸川乱歩賞を史上最年少24歳3か月で受賞した作品です。
当初、読みたくってハード本買ったものの、持ち歩くには重いので後回し・・・後回し・・・
になってしまっていた
でも、本棚に行く度に気になっていた本でした
今はもう講談社文庫からも出版されていますわね。。。


カタコンベ・・・地下墓所のこと
ホラーを想像してましたが、推理小説です。
ケイビングという、洞窟探検というアウトドアスポーツの一つで

岩崩れあり~の、
激しい濁流あり~の、
凶悪な生き物出現か?があり~の、
あげくは水没の危機に面してしまう!

とにかく迫力が凄かったです!!!

ほとんどが洞窟の中での話で、常に危険と隣り合わせの中でのスケールの大きさが

久しぶりの「読みだすと止まらない」感を味合わせてくれました。

大々的な洞窟調査が行われることになり各専門分野から集まった調査隊
「罪」を隠すために
「犯人」を見つけるために
「父」の証を探すために
「贖罪」のために
各々の思いが集められた調査は・・・

ホラーでも推理小説でもない、アドベンチャーものに分類して欲しいくらいでした。

解説ページがなく、江戸川乱歩賞選考に際しての選評が掲載されています。
綾辻行人、逢坂剛、乃南アサ・・・など大著名人の選評が、これまた厳しいっ
ノミネート作品を含めて書かれているのだけど、とっても辛口です・笑
自分自身、読んだ本のことをこうやって書いているけど、まだまだ甘ちゃんだったことが判明しました・爆
これからはもっと辛口路線でいこうかな♪って


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ



テーマこんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

じゃむ

Author:じゃむ
ご訪問ありがとうございます

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
OOE (9)
DMC (0)
他 (6)
コメントありがとうございます
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
楽天
モニプラ参加中デス
リンク
参加してます♪
J'irai à la maison.
無料 アクセス解析ラティース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。