--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.03.06

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (三上 延著 メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)
(2014/12/25)
三上 延

商品詳細を見る


ビブリア古書堂の天守栞子と店員(最近恋人に昇格♪)五浦大輔で起こる古書事件、今回は太宰治の「晩年」が題材

「晩年」と言えば1冊目の栞子さんが怪我をした原因でもある本
またその「晩年」に関する事件

毎回とても楽しく読ませていただいているシリーズなんだけど、今回は
もう集大成では?と思うくらいおもしろかったです。

たくさん伏線が張り巡らされていて何度読み戻ったことか(笑
そして1冊目から5冊までの内容も盛り込まれていてボリュームありました(こちらは前の本を引っ張り出さなくていいようちゃんと説明付きでとても親切でした^^)
この本を読むための5冊だったのでは、と思えるほど!
でも、まだ終わりじゃないんだよね♪

太宰治と言えば「走れメロス」や「人間失格」「斜陽」そして「晩年」くらいしか知らない。。。って大輔と変わんないね(汗
単純におもしろい推理小説としてだけでなく、太宰の生活や交友関係や執筆に対する思いなども知ることができる、奥深いところもこのシリーズの好きなところ。

本題の謎解きもめっちゃ楽しかったです。
最後の最後にこうくる???って感じです(爆
大輔の血縁関係の新真実に驚いたところなのに、なんと栞子さんの方も!?

あとがきで三上さんは「次か、その次の巻で『ビブリア』のシリーズは終わりです。」と執筆されています。
新刊が楽しみな反面、淋しさが現実化してきました

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
☆今年2冊目読了☆


スポンサーサイト

テーマ読書記録
ジャンル : 小説・文学

2014.03.14

ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~(三上 延著 メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)
(2014/01/24)
三上 延

商品詳細を見る


今回もおもしろかったです。
本のことをとても丁寧に描かれているのがとても好き
本をめぐって動く人間模様も感動です。
本作ではブラックジャックのお話がとてもよかったです。
古書の奥深さと1冊をめぐって巻き起こる家族
温もりがジンジン伝わってきました。

前作ではすっごくいい所で終わってた大輔と栞子さんの告白場面
今作でも思いっきりじらされてます(笑
エピローグではドラマでも登場していた田中俊雄の名が!
えっ?えっ?どうなるの??

ビブリアシリーズ、ちゃんと結末も準備されているようで終盤に入ってきているようです。
続きが気になるものの、ゴールが見える淋しさもあったりします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
☆今年2冊目読了☆

テーマ読書記録
ジャンル : 小説・文学

2013.04.20

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~(三上 延著 メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)
(2013/02/22)
三上 延

商品詳細を見る

4作目、ページを開いたイラストが鎌倉の鶴岡八幡宮の鳥居と満開の桜が目を引きました。

10年前に失踪したままだった母親、篠川智恵子が登場。
前作までと何かが違うなと思っていたのは、母親の登場以外に

今までは短編でまとまっていた話が今作では江戸川乱歩にまつわる本について語られた長編になっていたこと。
乱歩を知らなくても、古書に隠された持ち主の思いを人間ドラマとして楽しめるところがおもしろい!。
こういうところ、キャラを大切に思っている作家さんの心意気が感じられますよね。


ちょっとだけキャラのネタバレしてもいい?

シリーズものって結構読むんだけど、キャラの成長がこんなに嬉しいのは初めてかも(笑
大輔の遠慮しながら必死で栞子を守ろうとする姿、かわいいです。
本については全くの無知だったのが少しずつ慣れてきているのか、たまに出てくる無知に対する独りつっこみがめちゃおもしろい。
それから栞子の変化も楽しいです。
母親に「一緒に行かないか」と誘われて断るんだけど母に言った言葉が・・・
「大輔さんとデートがあるかな」なのよ。もぉ、かわいすぎる
そのデート中、お気に入りの本を読む時にしか吹かない下手っぴな口笛を吹いてるの。
そして大輔も我慢できなくなりとうとう

最後は次回作もあることを伺えるような〆で・・・次が楽しみ♪
って、智恵子とあの人がつながってた!?・・・

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
☆今年6冊目読了☆


テーマ読書記録
ジャンル : 小説・文学

2013.03.11

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~(三上 延著 メディアワークス文庫)

3作目も本にまつわる事件でとてもおもしろかったです。


旧キャラ再登場のお話、暖かくおもしろかったです。

月9で連ドラ中のこのドラマ、ドラマでは志田さんがビブリアに居候してる設定になってるんだけど、
私は物語が進むにつれてそういうことになっちゃったんだなぁと思っていたけど、そういうことでもないみたい。
志田さん、古書にめっちゃくわしいホームレスなんですよ!このポジション、とても気に入っていたのでなんだかホッとしてます。

栞子と大輔が少しずつ距離が縮まっていく様も読んでいて応援したくなるし

この作家さん、古書においても業界用語においても
知識のない人のために丁寧に、でも自然に語られています。
好き嫌いがでるような癖のある書き口でもないのでとっても読みやすい。
しばらく本から離れている人が「本を読みたいな」気分にさせてくれる本のような気がします。

4作目が発売されましたね。今後の展開、楽しみ♪




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
☆今年5冊目読了☆

テーマ読書記録
ジャンル : 小説・文学

2013.02.12

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (三上 延著 メディアワークス文庫)


ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
(2011/10/25)
三上 延

商品詳細を見る


栞子さん、やっと職場復帰しました!
1冊目の最後でバイトを辞めた大輔も晴れて?!バイト復帰してました。

相変わらず、栞子の古書における知識の深さには驚嘆です。今回は栞子の母親のことも書かれていて古書意外に対する心情もちょっぴり伺えました。

古書というものとは縁のない生活を送っている私、栞子の気持ちがまで理解できないだろうと思っていたけど、
全然そんなことないの!
好きな分野の話をするときの気持ちの高鳴り、めっちゃ分かる♪

本が好きな人ならきっと楽しめると思いますよ。

後半では「大輔さん」「栞子さん」と(やっと)呼びあうまで距離が近くなって
でも、遠回しにハッキリと「私、結婚はしません」宣告を受けた大輔・・・
二人の行く末も気になるところなのよねぇ♪

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
☆今年4冊目読了☆

テーマ読書記録
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

じゃむ

Author:じゃむ
ご訪問ありがとうございます

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
OOE (9)
DMC (0)
他 (6)
コメントありがとうございます
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
楽天
モニプラ参加中デス
リンク
参加してます♪
J'irai à la maison.
無料 アクセス解析ラティース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。