--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.07.03

珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように  (岡崎 琢磨著 宝島社文庫)



シリーズ5作目
本作では、アオヤマさんが理想のコーヒーを探し求めるきっかけにもなった女性眞子との11年ぶりの再会を果たしたことがきっかけで
彼女の秘密を解いていきます

眞子が好きな源氏物語にかけて自分の悩みも不倫と、重い内容だけど、最後は笑顔になれる内容です^^

読者のミスリードを誘うような伏線がたくさんあって適度に惑わされながらも軽い感じで読めるところが好きでもあるこのシリーズ
もちろんコーヒーが好きなので読み始めた1冊でもあります

サブタイトルの鴛鴦茶
紅茶とコーヒーを混ぜ合わせた香港のお茶で
コーヒーと紅茶がおしどりのように仲睦まじく入っているのが由来
男女が同時に使うものや 、二つが一つになったものに鴛鴦という名前が付けられるそうです
私は飲んだことがありませんが機会があれば飲んでみたいです

コーヒーネタも交えながら、源氏物語のゆかりの地が登場してきて、京都に行きたくなってきましたね

今回は美星さんの「この謎、たいへんよく挽けました」のコリコリがたくさん聞けました♪

美星さんとアオヤマさん、こんな仲だったかな?
次作では?なんてね
新作を楽しみにしてよっと♪

ナチュラルインテリア


スマホからはにほんブログ村 ナチュラルインテリア
☆今年10冊目読了☆

スポンサーサイト

テーマ読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゃむ

Author:じゃむ
ご訪問ありがとうございます

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
OOE (9)
DMC (0)
他 (6)
コメントありがとうございます
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
楽天
モニプラ参加中デス
リンク
参加してます♪
J'irai à la maison.
無料 アクセス解析ラティース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。