2011.04.05

GOSICK ―ゴシック―(桜庭 一樹著 角川文庫文庫)

GOSICK  ―ゴシック― (角川文庫)GOSICK ―ゴシック― (角川文庫)
(2009/09/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


食わず嫌いならず読まず嫌いのままでいた桜庭さんの本を読みました。
何が嫌いというわけでなく、ただ店頭に並んでいる表紙の挿絵からライトノベルだと判断し、
私の中で、
勝手にライトノベルを卒業してしまってただけで(小中時代にと散々読み漁ったので

そんな私が読みたくなった、理由は・・・

1月からの新番組の紹介で

直木賞作家桜庭一樹の作品アニメ化

だったの。
そう、アニメです。
そう言えば桜庭さんて読んだことなかったな・・・どんな話なんだろう・・・
と、1話目を観てみたら・・・

これがおもしろい!
ヨーロッパにある架空の国、ソヴュールでの
極東の島国(日本のこと)からの留学生九城一弥と、学園の図書館塔で暮らす子どもながら大人の(以上の)頭脳を持った少女ヴィクトリカと難事件を解決していくちょっとダークなホラーミステリー。

シリーズ化されているので手始めに1冊目を。

番組では1話2話分の話がこの1冊に収められています。

豪華客船に招かれた二人、そこで殺人事件に遭遇してしまう。
実はこの船、10年前に起こった占いと名した大人の茶番劇に付き合わされた不幸な子どもたちの復讐の始まりだった。
ライトノベルだからといって侮るなかれ、とても恐いんだけど、かわいらしくもある?!なぞ解きもおもしろかったです。

表紙の挿絵の小さな女の子がヴィクトリカ。子供のくせにいつもパイプをくわえているんです。
本ではしわがれた老女のような声となっているけど、テレビの方はもう少しかわいい声で、私的にはテレビのヴィクトリカの声の方が好みかな^^
「九条、君」の口癖もいい。
その九城一弥もいいキャラ出てますし^^

アニメ版GOSICK ―ゴシック―は4月以降も引き続き放映されるようです。
2話完結なのでこれから観ても着いていけそうな感じです。
ちなみに私の地域では今日4月5日(火)深夜1時30分~テレビ大阪で11話目が放映されます。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ



スポンサーサイト

テーマこんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お、これ今アニメやってますね。
アニメは興味ないのですが、ひょんなことから、最近少し見てます。
これは結構面白いですね。

アニメって、海外ドラマと違って、チラシのような扱い
らしいんですよね。
オタク向けなので、地上波→DVD→CATV→消える

らしい・・・

No title

私もこのアニメは観ちゃってます^^;
本よりこっちの方が面白かったりします・笑

へぇ、そんな散在な扱いなんですか?DVDの売れ行きが悪いと放映途中でも打ち切りになる、とか聞いたことありますけど。
なつかしのアニメとかいってもの、限られてますものね。
プロフィール

じゃむ

Author:じゃむ
ご訪問ありがとうございます

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
OOE (9)
DMC (0)
他 (6)
コメントありがとうございます
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
楽天
モニプラ参加中デス
リンク
参加してます♪
J'irai à la maison.
無料 アクセス解析ラティース