--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.21

ダイイング・アイ(東野 圭吾著 光文社文庫)

ダイイング・アイ (光文社文庫 ひ 6-11)ダイイング・アイ (光文社文庫 ひ 6-11)
(2011/01/12)
東野 圭吾

商品詳細を見る


東野さんの作品には珍しい(?!)エロティックな内容。
今回は推理というよりホラーぽかったので、「恐怖」と言う意味でドキドキしたかな

プロローグはこんな事故にあった被害者が書いているのではと思わせるほどの
おぞましい交通事故シーン
事故死してしまう岸中美菜絵の描写が、かなりリアルなんです。
この事故の加害者である雨村慎介がこの本の主人公が何者かに狙われ、事故当時の記憶を無くしてしまう。
そして、周りの雰囲気も何か変。。。
そして突然現れた謎の女。。。

慎介が少しずつ記憶を取り戻していくジワジワ感がなんともおもしろかったです。

そして、今思い返しても、やっぱりこれ、ホラーですよ

タイトルからお察しできるかと思いますが「」が恐いのよ~


内容とは関係ないけど、この長編、44の細節に分かれています。
次の節に移る時って何かしら場面(時間)チェンジありき、というのがフツーじゃないですか。
これは、何も変わらずそのまま流れていくんです。

たくさん本を読んできて、節の変わりの場面チェンジが体に染みついているのか
この場面に来ると、気持ち的に場面チェンジしているというか、違う椅子に座り直すような頭の入替をしてしまっている自分
にも関わらず、何も変わらず続きで始まってしまうストーリー
椅子に座りかけて座れずフラフラしながら次へ進む、といった変な酔いを楽しんでいる自分がこれまた面白かったです^^

.:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:.

ブロ友のpiさんが「年間50冊読破」を実行中
で、私は今年何冊読んだのかブログを振り返ってみました。
連載、サンプル、雑誌は除くと、14冊ってとこでした。

す、すくなー
ピークの頃は年間100冊くらいは軽かったのになぁ

最近は読書にあてている時間が少ないので仕方ないか・・・

私もpiさんに賛同したいところだけど
夏も終わろうかというこの時期、到底ムリだにゃ
30冊もムリかな・・・25冊くらいならイケるかな・・・


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ



スポンサーサイト

テーマこんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

じゃむさんこんばんはー♪
記事に名前を発見!嬉しいやら恥ずかしいやらですー♪
ピーク時は年間100冊越えですか!素晴らしい~!
私は意識しないと全然読まなかったりする人なので
年間50冊と決めた今年は順調に読めてる気がします~
お仕事も家事もきちんとさてるじゃむさんだから
本を読む時間も限られちゃいますよね…
それでも、読む事を大切にしてるじゃむさんは素敵v
もうすぐ読書の秋がやってきますよぉ~
活字の世界楽しみましょうねーーー♪

RE:コメントありがとうございます

Piさん♪
えへへ、事後報告になっちゃってスミませぬ・汗
100冊の頃はさすがに図書館通いだったけど、今は気に入ったら買って、本棚に並べ眺めてます♪
そうそう、私も全く読まない時期もあったりしたわ。
今はいろんなことを手抜きしながら趣味を優先して、合間に読書を楽しんでいる・・・って感じでしょうか^^
読書の秋ですね~。来月はもう少し読書時間を増やしてみようかな♪
プロフィール

じゃむ

Author:じゃむ
ご訪問ありがとうございます

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
OOE (9)
DMC (0)
他 (6)
コメントありがとうございます
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
楽天
モニプラ参加中デス
リンク
参加してます♪
J'irai à la maison.
無料 アクセス解析ラティース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。