--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.01.15

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (辻村 深月著 講談社文庫)

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)
(2012/04/13)
辻村 深月

商品詳細を見る


好きな作家さんの一人

タイトルに目を惹きました。
何を意味してのかしら?

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ

数字ではなくカタカナなんです!
ゼロは絶対にいる!

この物語のタイトルにしてしまうなんて、おもしろい!と思いました。

辻村さんの小説にはよく登場する女性の心理が
こちらを見透かしてるかのように描かれててドキッとさせられてしまいます。


結婚し東京で生活をしているみずほ
小学校からの親友であったチエミが母親殺害というニュースを知り、実家のある山梨へ帰り
かつての友人たちに会いチエミの居所を探る

学生の頃合コン通いしていた友人たちも三十路にもなると

未だ合コン時代の匂いが消えない
地元で結婚してパート勤めをしている一児の母

(化粧っけもなくなり・・・
恰好いい外車も国産軽に・・・
そこまで書かれるとリアリティありすぎ(汗
自分の恰好を見てしまう

皆それぞれの人生を歩んでいます。

チエミと母親
みずほと母親

異なる境遇で異なる愛情を注がれた二人

今回は女性としてだけでなく母親の心理も読まれています。

ミステリーなのにミステリーではない人間味たっぷりなドラマに
今回も楽しませていただきました。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
☆今年1冊目読了☆

スポンサーサイト

テーマ読書記録
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゃむ

Author:じゃむ
ご訪問ありがとうございます

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
OOE (9)
DMC (0)
他 (6)
コメントありがとうございます
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
楽天
モニプラ参加中デス
リンク
参加してます♪
J'irai à la maison.
無料 アクセス解析ラティース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。