--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.07.19

パラドックス13(東野圭吾著 講談社文庫)



東野さんの本で「SFを読む」というものにものすごく違和感があり、余所行きモードで読み始めたSFヒューマンドラマ

いや~、SFを主流としてる作家さんより引き込まれたかも

3月13日13時13分13秒、「P-13」と呼ばれる現象が発生することが分かりその対策が、政府の間、しかもごくわずかな上層部だけで極秘に進められていた。
そして
街が消えた。
無人の東京に残された13人。年齢、職業も異なる男女。
先が見えぬ不安以前に今の現状を理解できぬまま、大雨や地震によって街がどんどん壊れていく。
何故13人が選ばれてしまったのか?

リアルな設定でヴァーチャルな展開で進んでいくのでSFと言っても中途半端な感じがするのではと思っていたけど
どんどんこの世界に引き込まれていく自分がいました。
自然災害の域を超えるような破壊が恐ろしくも

所轄の刑事である久我冬樹と警視庁の管理官であり義兄でもある誠哉との積み重なった軋轢
そして、11人の境遇
これらの人間模様も面白かったです。

結末は悲観と納得が入り混じっててフクザツ。。。
複雑とは思い通りの展開になってくれず残念だったことね(笑
13人の中にいたヤクザの川瀬の結末にも短いながらも最終演幕があり、最後の最後まで楽しめました。

ボリュームありますが、一気読みがお勧めです^^

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
☆今年5冊目読了☆
スポンサーサイト

テーマ読書記録
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゃむ

Author:じゃむ
ご訪問ありがとうございます

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
OOE (9)
DMC (0)
他 (6)
コメントありがとうございます
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
楽天
モニプラ参加中デス
リンク
参加してます♪
J'irai à la maison.
無料 アクセス解析ラティース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。