--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.03.06

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (三上 延著 メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)
(2014/12/25)
三上 延

商品詳細を見る


ビブリア古書堂の天守栞子と店員(最近恋人に昇格♪)五浦大輔で起こる古書事件、今回は太宰治の「晩年」が題材

「晩年」と言えば1冊目の栞子さんが怪我をした原因でもある本
またその「晩年」に関する事件

毎回とても楽しく読ませていただいているシリーズなんだけど、今回は
もう集大成では?と思うくらいおもしろかったです。

たくさん伏線が張り巡らされていて何度読み戻ったことか(笑
そして1冊目から5冊までの内容も盛り込まれていてボリュームありました(こちらは前の本を引っ張り出さなくていいようちゃんと説明付きでとても親切でした^^)
この本を読むための5冊だったのでは、と思えるほど!
でも、まだ終わりじゃないんだよね♪

太宰治と言えば「走れメロス」や「人間失格」「斜陽」そして「晩年」くらいしか知らない。。。って大輔と変わんないね(汗
単純におもしろい推理小説としてだけでなく、太宰の生活や交友関係や執筆に対する思いなども知ることができる、奥深いところもこのシリーズの好きなところ。

本題の謎解きもめっちゃ楽しかったです。
最後の最後にこうくる???って感じです(爆
大輔の血縁関係の新真実に驚いたところなのに、なんと栞子さんの方も!?

あとがきで三上さんは「次か、その次の巻で『ビブリア』のシリーズは終わりです。」と執筆されています。
新刊が楽しみな反面、淋しさが現実化してきました

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
☆今年2冊目読了☆


スポンサーサイト

テーマ読書記録
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゃむ

Author:じゃむ
ご訪問ありがとうございます

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
OOE (9)
DMC (0)
他 (6)
コメントありがとうございます
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
楽天
モニプラ参加中デス
リンク
参加してます♪
J'irai à la maison.
無料 アクセス解析ラティース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。