--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.02.03

眠りの森(東野 圭吾著 講談社文庫)



加賀恭一郎シリーズ2作目

このストーリーはドラマ化されていましたよね
観ました
阿部寛、石原さとみがメインキャスト、そして確か、熊川哲也Kバレエカンパニーのダンサーがキャスティングされた
芸術としても美しいドラマだった、っと♪

なので、内容は知っての読書でした
阿部さんのキャラが濃すぎるので
あの濃い~お顔がずっと頭から離れな~い(爆

原作の加賀さんは警察官になってまだ浅い刑事
なので阿部さんよりはずいぶんお若いはずなんですよね・・・

事件の舞台でもある高柳バレエ団のバレリーナ、石原さとみ演じる浅岡美緒に特別な思いを持つ加賀さんなんだけど、
なんだか私の思い描いている加賀さんとはイメージが違うんですよねぇ
(どんな印象かって・・・?、、、、
人情はお持ちだが仕事にしか興味ない面白味に欠けたとっても頭のキレるヒト
                                           、、、
まだ若かりし頃の無鉄砲な加賀さん、といったところでしょうか^^

最後の「君が好きだから」の一文
熱くなる場面なんだけど、やっぱり私の思う加賀さんじゃない、、、でした(笑

前作「卒業」では大学卒業後教師になるという話でしたが
その通り、中学の教師の道に進んでいたようです
どうして転職したのかは触れていなかったので分かりませんが少し興味ありますね^^

ストイックで閉塞感のあるバレエの世界だからこそ起きた悲しいお話でした

ん!?、今回はバックヤードな感想になっちゃいましたね

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
☆今年2冊目読了☆

テーマ読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

2017.02.03

紀州東照宮

先週のイベントでしたが
寒波続きだった合間の晴れた日に和歌山へウォーキングに行きました

前日までのが積もるほどの寒さがウソのようないいで、むしろ防寒着が暑かったくらいでした

和歌山港から海沿いを歩き紀州東照宮へ行きました

image112 (2)

普段あまり海を見る機会がないのでとっても気持ちよかったぁ


目的地到着♪

image112 (1)
和歌浦天満宮

学問の神様である菅原道真が祀られ、大宰府天満宮、北野天満宮とともに日本の三菅廟といわれています


鳥居をくぐると、壁にしか見えない階段がぁ

image114 (2)
砂岩で作られた階段は1段が高い(汗


そのお隣に紀州東照宮があります

image114 (1)
3つの鳥居をくぐった先には・・・

やっぱりあった、階段(泣

image124 (2)
こちらはフツーの石階段だったのでまだ上りやすかったかな

image113.jpg
社殿の精巧な彫刻や鮮やかな色彩は絵巻物を見ているよう

どちらにも頑張って上った急な階段の横に緩やかver.が用意されています
でも、東照宮の方はあんまり優しさが感じられない階段で急な方が下りやすかったんじゃ~と思いました^^


せっかくなのでもう少し足をのばして

image12455 (1)
県内最古の石橋でもある妹背山に延びて架けられた和歌浦の三段橋

水辺の名勝地として万葉集にも詠まれた景観を持つこの場所のアーチ型石橋
江戸時代にもこんなお洒落な建築物があったんですね^^

・・・・のはずなんだけど、カメラショットが悪い!橋の美しさが分からないですねぇ

今回のウォーキングは10kmコースでした


にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ


テーマ◆◆日々の暮らしを楽しむ◆◆
ジャンル : 結婚・家庭生活

2017.01.23

大人の贅沢 グランカルビー

オットの職場で〇〇大会があったとか、その景品のひとつに


IMG_4543.jpg
グランカルビーじゃないですか


食べてみたいな~と思っていても、なかなか買わない買えない大人の贅沢品(笑


IMG_4545.jpg
1箱4袋入りなのにも驚いたけど、その1袋に3枚しか入っていないのにさらにビックリ

IMG_4547.jpg
アーモンドチョコ味
普通のポテトチップスより厚めなのでチョコのコーティングも程よく合っていました


「別にチョコなくてもいいよな~」がオットの感想
チョコかかっているから贅沢な味なのよ~って

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ


テーマ◆◆日々の暮らしを楽しむ◆◆
ジャンル : 結婚・家庭生活

2017.01.22

レモン酢づくり

「家にレモンの木があってたくさん出来たから」

といただきました

IMG_4541.jpg

皮ごと食べれる純国産

少し前に、お友達がレモン酢の炭酸割りを飲んでいるというお話を聞きいたところ♪
レモンも酢も体によいものなので今度試してみようと思っていたんです


レモン酢の作り方はコチラを参考にしました

お酢はまろやかさが出るかなと、リンゴ酢を使用

IMG_4542.jpg
良い感じに氷砂糖も解けて完成

IMG_4548.jpg
最近寒い日が続いているので、3倍ほどに薄めホットレモンにしていただきました

じわじわ体があったまってくるぅ

しょうがやハチミツを足してもよさそう♪
ドレッシングにも使えそう♪

いろいろアレンジしてみたいな

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ

テーマ◆◆日々の暮らしを楽しむ◆◆
ジャンル : 結婚・家庭生活

2017.01.21

卒業(東野 圭吾著 講談社文庫)




加賀恭一郎シリーズの新作を読んで
このシリーズをもう一度読みたくなって1作目の「卒業」から読みました




「卒業」は家の本棚に並んでいるので過去に読んだことのあるはず・・・
茶道の雪月花式というのはなんとなく記憶にあるんだけど、どういう内容だったか・・・

本作では加賀恭一郎は大学4年生
母親が失踪し警察官の父親と二人暮らしをしています(祈りの幕が~を読むとこの辺の事情も解明されています)
高校時代からの親友6人が1人、、、2人と不審な死を遂げます
加賀の鋭い洞察力はもうこの頃から備わっていたんだぁ・・・と、茶道のトリックはめちゃ面白かった!
とは言え、まだ大学生という未熟な推理力は完璧ではなく、
その通りなんだけど間違っている・・・みたいなツメの甘い加賀さん(笑
この匙加減の与え方がなんとも歯がゆくってね、
ここまで計算して今の加賀恭一郎を作り上げているのかしら・・・と思うと
さすがです、東野さん!


1989年に発行(単行本)されているので

今時の女子大生が言わないでしょうというセリフ
刑事が煙草を吸いながら事情聴取なんてありえない・・・とか

さすがに時代を感じずにいられないシーンがいくつかあり(笑

それでも
やはり東野さんの本だけあって今読んでも引き込まれおもしろい内容でした
やはり読み進めていくうちに思い出してくるシーンもあり、違った楽しみ方もできました

すっかり読書仲間になったウチの旦那さん
東野さんの本がお気に入りのようでして♪
私の一押しのガリレオシリーズは、短編という展開の速さが自分に合わないようなコメントだったので
ではでは。。。と、
加賀シリーズを勧めてみました

すっかりハマって、今は3作目の「悪意」を読書中
私もオットの背を追いかけながら加賀シリーズを読破したいと思います

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
☆今年2冊目読了☆

テーマ読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

じゃむ

Author:じゃむ
ご訪問ありがとうございます

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
OOE (9)
DMC (0)
他 (6)
コメントありがとうございます
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
楽天
モニプラ参加中デス
リンク
参加してます♪
J'irai à la maison.
無料 アクセス解析ラティース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。